ルミガン関連商品

緑内障の治療薬として発売されていたルミガンという薬ですが、別名ラティッセとして、同じアラガン社という会社から発売されています。もちろん、ルミガンもラティッセも同様の成分で出来ており、効果も同じです。なぜ二つの名前があるかと言うと、ルミガンが緑内障の治療薬のみとして発売されていた時、まつげの育毛、増毛の副作用もあり、その効果を期待する人の購入が主流となった為、まつげ美容液という名称で売られ始めたのがラティッセなのです。
ルミガンもラティッセもビマトプロストという成分を使って作られていますが、ルミガンはどちらかと言うと医療目的で製造されているもので、まつげの成長周期の成長段階を延長し、成長段階にまつげの本数を増やします。だから、アメリカでは抗ガン剤治療などで髪の毛だけでなくまつげも抜けてしまった患者などもルミガンを愛用しているようです。
一方、ラティッセは美容目的として販売されているので、アプリケーターと呼ばれる、専用のアイブラシ付きで販売しました。ルミガンにはこのアイブラシが付いていない分、ラティッセよりも値段が非常に安くなっており、買いやすい商品ではあると思います。今の若い人を中心に、濃い化粧や、化粧の落とし残し、まつげエクステやまつげパーマ、まつげカラーなどで痛んでしまったまつげに最適なのが、このルミガンやラティッセなのです。
ルミガンとラティッセの使い方ですが、毎晩一滴を上のまぶたの付け根につけるか、または、細めのアイブラシに落とし、まぶたの付け根にいつもアイライナーを引く要領で湿る程度に塗って使用してください。ラティッセに関しては、付属である専用のアイブラシが付いているので、それを使うとスムーズに塗る事が出来ます。
ルミガンを使用する際の注意点として、クレンジングと洗顔、スキンケアまで済ませた状態にしてください。また、もし塗布する際にまぶたからはみ出てしまった場合は液をティッシュなどで優しく拭き取ってください。よっぽど下手な塗り方をしない限り、誰にでも簡単に使う事が出来ますし、ルミガンが眼に入る事はほとんどありません。また、元々治療薬として使われていた程なので、万が一眼に入ってしまっても身体に害はなく、安心です。
また、同じ成分で出来ているまつげ美容液として、ルミガンと並ぶ効果があるケアプロストという商品が存在します。ルミガンとケアプロストの違いはと言うと、まず値段が全然違います。ルミガンは1本2580円なのに対して、ケアプロストは1本1630円と非常に安いのが魅力です。その安さの理由は、どちらも同じ成分で出来ているものの、ケアプロストはジェネリック品であるからです。ジェネリック品に抵抗がないのであれば、こちらを購入するのもアリだと思います。